ワキガは他人にうつる?心配なら体臭石鹸を活用!

車内でワキガ臭がすると気まずい空気が流れ、相手にうつってしまうのでは…?なんて考えてしまいます。でも安心。まず、ワキガというのは人にうつってしまうことは絶対にありません。

絶対にうつらないと言い切れるのは、そもそもワキガの原因が体に存在するアポクリン汗腺によるものだからです。

ワキガの臭いは、アポクリン汗腺から分泌される汗によって発生するので、アポクリン汗腺が体にない場合にはワキガになることはありません。

アポクリン汗腺は伝染してできるものではないのですから、当たり前ですがわきがうつるという事もないのですね。

それなのにワキガがうつると思われてしまっているのは、ワキガの人の服を借りたりした場合、自分の体に臭いを感じたりすることがあるからです。

ワキガの人が着ていた服には、アポクリン汗腺の汗を分解する細菌がついていることがあります。

これが、一時的に住み着いてしまうことがあるので、そのせいでワキガのような臭いがしてしまいます。

ですがこの細菌はアポクリン汗腺の汗しか分解しませんから、例え住み着いてしまっても分解するものがないのでいなくなります。

また、他人との関係についても同様で、例えば友達やパートナーがワキガだったとしても自分にうつることはありません。

肌と肌が触れ合ったからとしても、同じお風呂に入ったとしても、脇にいる細菌がうつってワキガになるという事はないので安心してください。

ただし、これが肉親になると話は少々違ってきます。

というのも、ワキガはアポクリン汗腺が多いという体質によって起こることですが、この体質は遺伝することがあるのです。

ワキガの場合だと、両親がワキガだったら約90%近い割合で遺伝すると言われています。

ですので親がワキガの場合は、うつるというのではありませんが遺伝してしまうことがあります。

ワキガの遺伝はアポクリン汗腺の存在や量なので、肥満のようにダイエットをすることで改善したり、薄毛を育毛剤でケアするというような改善策はありません。

ですがワキガの臭いを軽減する商品も続々と開発されていますし、効果の高い方法もいろいろあるのでコンプレックスにするのではなく、積極的に改善方法を試してみましょう。

私が薦めたいのは男性の場合、面倒なことは続かない質(たち)ですので、毎日使えるものが良いと考えます。そこで体臭石鹸.netにあるような柿渋であったり、加齢臭撃退を専門にした石鹸やボディソープが良いです。

風呂には毎日入る方が多いと思います。これなら面倒にならずいつもの石鹸やソープを変えてあげるだけで体臭対策を続けることができますよ♪

車内の悪臭を防ぐことができるミョウバンの効果や効用

ミョウバンというのは、硫酸カリウムや硫酸アルミニウムなどが結合した合成塩の総称で、食品添加物としても使われるぐらい安全性が高い物質です。

古代ローマの時代では、防水材や防臭剤として使われていたというミョウバンは、現代でもさまざまな用途で使われています。

その用途の中でも、特に近年増えているのがミョウバンが持つ消臭効果を活かした使用法です。

ミョウバンは消臭する力が非常に強いので、ワキガの強烈な臭いもしっかり消してくれます。

デオドラント剤というのは、肌にしっかり塗りこんだ方が効果は高いのですが、化学合成の消臭成分だとかぶれなどのトラブルが起きてしまうこともあります。

ですがミョウバンは自然界にも存在する物質で安全性が高いので、トラブルの心配もなくワキガを強力に消臭することができるのですね。

そしてもう一つ注目したいのが、ミョウバンには殺菌効果も期待できるというところです。

ワキガがくさい原因はアポクリン汗腺の汗ですが、これが皮膚の常在菌によって分解されることで独特の臭いを発生させます。

常在菌は汗を餌としてどんどん繁殖するので、衣服に付着して臭いをさらに強くしてしまいます。

これをミョウバンの殺菌効果によって死滅させて繁殖を防げば、臭いも弱くすることができるので、消臭効果と併せてワキガ対策として高い効果が期待できます。

また、ミョウバンは収れん作用もあります。

収れん作用というのは、タンパク質を変性させて組織や血管を縮めるという作用ですが、簡単に言ってしまうと毛穴をぎゅっと引き締める効果です。

毛穴が引き締まれば、汗の分泌量も少なくなりますから、結果的にワキガの臭いの発生も抑えることができます。

このようにミョウバンにはワキガを抑える効果をいろいろ持っているので、ワキガ対策にはとても有効なのです。

ミョウバンを使ったスプレーは自分で作ることもできますが、刺激が強いので水との割合には注意が必要です。

ですので、ミョウバンでワキガ対策をする場合は、ミョウバンが配合されたデオドラントクリームや制汗剤を使うのがオススメです。

新車を買ったらすぐに事故…誰の責任だ!?

新車購入後に接触や衝突などの事故を起こしてしまったら、その場合の責任は誰に科せられるのでしょうか?
ここで問題になるのは、その事故がどんな原因で起きたのかということです。

例えば、ドライバー自身の不注意や過失によるものであれば、それは納車直後であろうとなかろうと、事故の責任はドライバーにあります。

ただし、事故の原因が車両の初期不良にあると判断された場合は、事故の責任はドライバーではなくメーカーあるいはディーラーとなる可能性があります。

いずれにせよ事故責任の所在については、事故の原因によって決まります。

新車購入をお考えの方はまずこれを念頭に置いておくといいでしょう。

さて、納車直後の事故にもいろいろありますが、例えば加害者がいて、その加害者によって新車を全損させられた場合はどうなるのでしょうか?

その場合、車を同じ新車に買い替えてもらうことはできるのでしょうか?

実はここが肝心なところですが、例え新車の事故であっても、その賠償において新車の買い替えを行ってもらうことはできません。

これは判例上そうなっていることであり、本人としては新車の事故であっても、一度ナンバー登録された時点で、その車は中古車扱いされてしまうのです。

したがって、法的には新車の事故ではなく中古車の事故とみなされることにより、新車への買い替えはできません。

修理費用はもちろん認められますが、新車への買い替えは認められないという点は覚えておかなければなりません。

さて、事故は起きないのが一番ですが万が一のことがあります。

新車購入直後でもこうしたことは起きる可能性がありますので、その場合の対応の仕方について購入前に確認しておくようにしてください。

車内のニオイがヤバイ時の対処方法

nioiman

車内のニオイがヤバイと搭乗者を乗せる時にも躊躇してしまいます。そして彼氏、彼女を乗せる時なんてとっても嫌ですよね。そこで車内のニオイ対策をするようにしましょう。

特に新車の場合は「新車のニオイ」特有の香りがして、苦手な人が多いようです。

そして車内は狭いので自分の体臭や相手の体臭が車内にこもりやすいといったこともあります。

そういった体験が嫌な人はエチケットもしっかりして車内の匂い対策もしていきましょう。

車内のエチケット対策としては一番はじめに頭に入ってくるのが車用の消臭剤です。強い香りによってニオイを包み込んで消してくれます。エアコンルーバーにつけるタイプやサンバイザーにつけるタイプなど色々あります。

他には車内用の消臭スプレーなどを使ってニオイ消しができますよね。

でも中々、消すことができないのが自分の体臭です。自分からニオイを放っていると車内にいる間はニオイがドンドンと蓄積されていきます。これでは芳香剤などを使っても相手に迷惑をかけてしまいます。

だからといって窓を開けるのは冬であれば寒くてキツい…

そこで自分の体臭やワキガなどを抑えてくれるデオドランドの活用も視野にいれてみましょう。ニオイ菌を気になる部分から除去してくれるので車内でも無臭で快適なドライブをすることができます。

臭い消しデオドラント製品を紹介してくれている「わきが用デオドラント特集|満足度で選び脇のニオイ消し」ではワキ臭から加齢臭、体臭までニオイを幅広くシャットアウトしてくれるアイテムをクリーム、スプレー、サプリメント、石鹸といった視点から届けてくれています。

これなら相手を乗せても嫌な顔をされずにドライブに誘うことができますし、ニオイ対策もバッチリ。車用の芳香剤と合わせて使ってみてください。

ダイレクト損保はなぜ保険料が安いのか?

メディアで耳にすることが増えた「ダイレクト損保」は、通販型自動車保険とも呼ばれる、電話やインターネットによって加入可能な保険のことを言います。

従来の自動車保険は、保険販売を専門にとり行う代理店、あるいは自動車ディーラーによる代理店などで加入するのが一般的でした。 ところが、自動車保険の自由化が進んで、自動車保険は現在のように多様化したのです。

続きを読む

新車を売るときに注意をしておきたいこと

事情があって、新車同然の車を買取に出すということもあるかもしれません。 そのような場合、絶対にやってはいけないことがあります。 例えば、新車同然で値打ちが高いと思ってすぐに売りに出してしまうことです。

これは単純な発想で誰もがやってしまいがちですが、デメリットにしかなりません。 つまり、新車はすぐに売っても高くは売れないのです。 中古車価格は1年目が最も安くなるといわれており、新車であっても1年未満で売りに出せば、その買取額はとても安くなってしまいます。

続きを読む

新車の値引きは本当に行ってくれる?

決算期前など比較的新車の値引きがしやすい時期ではなく、通常の時期に値引きして新車購入できないかと考えてる方もおられるかもしれません。 通常の時期における新車の値引きについては、どの販売店も基本的には引締めているのが現状です。

つまり、通常の時期は値引きしづらいということです。 しかし、交渉の仕方によっては通常の時期でも値引きできないことはありません。 例えば、他店舗と競合させて、見積りを同時に出してもらうという方法があります。 他店舗と同時に見積りを出すことになれば、競争意識を出して少なからず値段を下げくれるかもしれません。

続きを読む