ダイレクト損保はなぜ保険料が安いのか?

メディアで耳にすることが増えた「ダイレクト損保」は、通販型自動車保険とも呼ばれる、電話やインターネットによって加入可能な保険のことを言います。

従来の自動車保険は、保険販売を専門にとり行う代理店、あるいは自動車ディーラーによる代理店などで加入するのが一般的でした。 ところが、自動車保険の自由化が進んで、自動車保険は現在のように多様化したのです。

 

代理店を介する自動車保険では、保険料の一部が手数料として代理店に入ります。 ダイレクト損保の場合は、代理店を間にはさまず直接保険会社と契約することになるので、代理店への手数料が発生しません。

これがダイレクト損保の保険料が安い、1番の要因と言えるでしょう。

また、既存の損保の場合は、多くの営業社員を抱えていることも保険料が高額となる理由として挙げられるかもしれません。 多額のコストがかかることで、結果的に保険料が高額化してしまうことがあるからです。 ダイレクト損保の場合は、代理店をもたないため、当然ながら代理店で働く社員が必要ありません。

ダイレクト損保でも、コールセンターは設置していることが多いので、オペレーターの人件費は必要となります。 しかし、既存の損保に比べれば人件費は安く済むと言えるでしょう。

また、ダイレクト損保は加入者の車の使用目的や走行距離などでこまかく区分しています。 事故のリスクが少ない人は保険料を安く設定するなどして、保険料が高額化しないよう工夫しているのも安さの理由と言えるでしょう。