新車を売るときに注意をしておきたいこと

事情があって、新車同然の車を買取に出すということもあるかもしれません。 そのような場合、絶対にやってはいけないことがあります。 例えば、新車同然で値打ちが高いと思ってすぐに売りに出してしまうことです。

これは単純な発想で誰もがやってしまいがちですが、デメリットにしかなりません。 つまり、新車はすぐに売っても高くは売れないのです。 中古車価格は1年目が最も安くなるといわれており、新車であっても1年未満で売りに出せば、その買取額はとても安くなってしまいます。

 

これはもったいないことなので、できるだけ1年未満で売らないようにしなければなりません。 また新車買取で注意したいことは、査定依頼を行うときに、複数の買取店に依頼することです。 買取に慣れていない人は一社だけに見積り依頼する人もいますが、これではメリットが得られません。

なぜなら、見積りしてもらう業者が一社だけなら、業者同士の競争が起きず買取額も上がらないからです。 一方、複数の買取店に同時に見積り依頼をすれば、業者同士の競争が起きて、価格上昇しやすくなります。 実際の買取金額は業者の数にもよりますが、一社だけに依頼するよりも価格が上がりやすくなることは間違いありません。

あるいは、ディーラーで新車買取してもらうという方法もあります。 ディーラーの場合は車の売却だけならメリットは多くありませんが、そのディーラーが販売する車に買い替える条件で売れば、高い価格で引き取ってもらえることもあるようです。

これはいわゆるディーラー下取という方法になります。 新車買取の一つの選択肢として考えておくといいでしょう。